昨日仕込んだアメリカンウィートの発酵の様子です。
酵母菌が麦汁の糖分を食べ、炭酸とアルコールに分解しています。
発酵初期に発生している炭酸はしばらく捨て続けます。

発酵が終わる前にホースを付けている弁を閉じ、
残りの発酵で発生する炭酸をタンク内のビールに溶け込ませます。
この製法をナチュラルカーボネーション(自然発泡)と言います。

酵母から生まれる自然の炭酸はきめ細かやかで優しい口当たりを感じさせてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です